はじめてならワンデー

カラコンにも普通のコンタクトと同じように使用期限と言うものがあります。
見た目がきれいでも雑菌や見えない汚れがついているので期限は絶対に守りましょう。

もし、毎日使うわけではないという場合はワンデータイプのカラコンがおすすめです。
普段は普通のコンタクトやメガネをかけていて、おしゃれをするときだけ度ありカラコンを使いたいという人もこちらがいいと思います。
またワンデータイプのカラコンの種類をいろいろ買って使い分けるとオシャレ上級者になれるかもしれません。
たくさん種類がみたいという人はネットの通販で購入するのがオススメです。

カラコンを買うときの注意

店頭で買っても通販でも、自分の目に入れるものですから慎重に選ぶに越したことはありません。
特に通販で買う場合はまず信用できる業者か確認してからにしましょう。
一時期カラコンが危険だとtwitterで騒がれていましたが、全てのカラコンが危険と言うわけではありません。
海外製などは稀に色を付ける際に表面に着色しているなどの場合があり、そういったカラコンはもちろん危険です。
安全なのは、サンドウィッチ製法といって、着色部分をレンズで挟んだ作られ方のカラコンです。
また、安全に作られたカラコンは厚生省が認めた印として薬事法承認番号がついています。

業者に関しても悪質なところもあるようなので、安心な業者の目安としては、納品期間が短い事、返品が可能な事が挙げられます。
そういう業者は度ありのカラコンも多数扱っています。いろいろ試してみましょう。

実際に買ってみよう

何にせよ購入する前には準備として必ず眼科へ行きましょう。
眼科に行って自分のBCが分かったら、いよいよ商品を選びましょう。

ここではじめての人が悩むのはお店で買うか、通販で買うかということだと思います。
普通のコンタクトなら、店頭に行ったほうが安心感があるかもしれませんが、カラコンに限ってはどちらも同じようなものです。
むしろ通販の方がいつでも注文ができ、種類も豊富なのでオススメです。
度ありカラコンも多数取り揃えたサイトもたくさんあります。

カラコンにも用語がある

普通のコンタクトは通常眼科に行って度数を図ってもらい、処方箋から度数にあったコンタクトをお店が選んで渡してくれます。
これまでコンタクトを使っていた人でも、通販サイトに行って商品をみたけど説明がよくわからない、この商品とこの商品の違いって何だろう、と悩んでしまうことがあるかもしれません。
そこで簡単にカラコン通販サイトで見かける用語を簡単に解説します。

・DIAとは
商品説明の画像に大きく「DIA14.5mm」等書かれていることがあります。
これは一体何をあらわしているのかと言うと、カラコンのサイズです。
だいたいの場合カラコンは13.5mmから14.5mm程度の直径で作られており、ひとつのメーカーにつきワンサイズであることがほとんどです。
モテるサイズは14mmだそうなのですが、大きければいいというわけでもありません。目が小さめの方が大きめのカラコンをつけると黒目がちになりすぎてホラーじみでくるので注意です。

・BCとは
BCはカラコンのカーブを表したものです。
これは自由に選べるわけではないので、はじめての場合は自分の眼球のカーブを知るために眼科の診察を受けましょう。
とはいえ、ピッタリの数値のものしか付けられないのかというわけではなく、カラコンのほとんどはソフトレンズなので、多少数値のずれがあっても着用する事は可能です。

・PWRとは
これはコンタクトの度数を表すものです。度ありのカラコンを選ぶ際には確認必須です。
「-」とついているものが近眼用、「+」が遠視の人用です。
度が入ってなくていいという方は「0」と書いてあるものを選びましょう。